腕時計のガラスが割れてしまった、欠けてしまった時の交換修理の費用

腕時計のガラスが割れてしまった、欠けてしまった時の交換修理の費用

腕時計のガラスが割れてしまった、欠けてしまった時の交換修理の費用

「うっかり腕時計を落としてガラスが割れてしまった…!」

「壁にぶつけてしまって欠けてしまった><」

「割れたガラスの破片が針に引っ掛かって動かない;;

 

こういった経験ないですか?

今まさにそのような状態だから検索してこの記事に来た方が多いと思います。

 

腕時計のガラス・風防が割れたり、欠けたりしてしまっていると

そこから水気が浸入して文字盤にシミが出来たり、ムーブメント(機械)が錆びてしまう危険があります。

防水性の高い時計だったとしても、もう防水ではなくっているかもしれません。

 

主に腕時計に使用されているガラスの種類や特徴、交換する際の費用の目安をまとめてみました。

 

 

プラスチック製(アクリル)のガラスについて


 

このようなアンティークの時計なんかによく使われているプラスチック製のガラスは傷が付きやすくて、

少し擦っただけでも線の傷が入ってしまいますね。

でもコスト面でも安価に交換も出来ますし、表面の浅めの傷であれば研磨で取れたりもします。

古いアンティークの時計なんかの雰囲気にはこのドーム型の丸みのある形状が良く合いますね。

 

交換する費用もブランドの純正品なんかだと高くなる物もありますが、代用品の物であれば4,000円くらいから

でも交換出来るので割りとお手軽な感じがしますね。

 

 

ミネラルガラス、クリスタルガラスについて


こちらはミネラルガラス、または強化処理したものをクリスタルガラスと呼ばれる

一般的な時計に使用されているガラスです。

加工もしやすく、それなりの強度もありますので多くの時計ブランドに使用されていますが

強い衝撃が加わると亀裂が入ったり、割れてしまったりします。

 

交換する費用は平面状になっているものであれば5,000円くらいから交換が可能な物もありますが、

少しカーブが付いている特殊な曲線状のものは8,000円~15,000円以上になる可能性もあります。

 

 

サファイアクリスタルについて


 

時計に使用されるガラスの中で1番強度あるのが、サファイアクリスタルと呼ばれるものです。

壁にぶつけてしまっても割れるというよりは欠ける感じですね。

 

主に高額な時計ブランドのモデルに使用されているのは、加工が難しくコストが高いためです。

またカーブのついている曲線状のサファイアクリスタルは加工が特に難しいため、更に高額になってしまいます。

 

交換する費用は平面上になっているもので10,000円~20,000円くらいからで、曲線状になっているになると

30,000円~50,000円も掛かってしまう事もあります。

 

特殊な形状のものは一から制作するってことになると、もちろん高額になってしまいますよね。

 

 

OMEGAやCARTIER、FRANCK MULLER、PANERAIなんかの特殊なサファイアクリスタルは

通常時計の修理店では部品が無いから交換出来ませんって言われることも多いと思います。

そんな方は是非一度ご相談くださいね!

 

 

掲載している写真の時計ブランドの中でもROLEXのサファイアクリスタルの代用品の交換なら10,000円~

出来るんです。代用品って言っても品質はオリジナルと何ら変わらない物なので見た目は全然分からないと思います。

 

その他OMEGAやCARTIER、FRANCK MULLER、PANERAIなんかの特殊なサファイアクリスタルの交換も

15,000円~30,000円くらいで可能なものもありますので是非お問い合わせくださいね。